ページビューの合計

2018年4月26日木曜日

☆65. ある意味ノマド(遊牧民)的「ヌーソロジー攻略研究会」2018 in 京都(第1回)開催のご案内

1989年から半田広宣氏がOCOTとのチャネリング情報をベースとして始まったヌーソロジーも、今年2018年で、早30年。これまでに、半田氏は、共著を含めて、『2013:人類が神を見る日』(1997、徳間書店)、『2013:シリウス革命』(1999、たま出版)、『光の箱舟~2013:超時空への旅~』(2001:砂子岳彦氏との共著)、『2013:人類が神を見る日 アドバンストエディション』(2008、徳間書店)、『2013|世界はグレンとひっくり返った 反転の創造空間《シリウス次元への超突入》』(2014、中山康直氏との共著、ヒカルランド)、『シュタイナー思想とヌーソロジー~物質と精神をつなぐ思考を求めて~』(2017、福田秀樹氏・大野章氏との共著、ヒカルランド)と、計6作の著作を出版されており、いまだなお、精力的な活動を行われておられます。

そのヌーソロジーについての書籍としては、半田さん以外では初の本格的な著作となる、川瀬統心氏の『【新説・精神世界史講座】ワンネスは2つある』(2018、ヒカルランド)がついに今年2018年2月に発売されました。この発売を記念して、2018年4月29日に川瀬統心氏の出版記念講演会が開催されます。しかも、なんとヌーソロジー本家の半田広宣氏と、アニマンダラの天海ヒロ氏を迎えての対談もあるといいますから、これはどんな話題が飛び出すかとても興味津々です。

そこで、誠に勝手ながら大変急ではありますが、これに合わせてヌーソロジー攻略研究会主催のある意味ノマド(遊牧民)的「ヌーソロジー攻略研究会」2018 in 京都」を開催致します。今回は、ヌース関連イベント直前のアタマのウォーミングアップを兼ねて、近くの喫茶店にて、ヌーソロジーの情報交流会のような軽いノリで開催致します

●日時2018429日( 10:00から12:00まで2時間(予定)

●場所キャンパスプラザ京都付近の喫茶店(予定)
  ※集合場所…9:50前後に、キャンパスプラザ京都(JR京都駅前)入口付近で待合せ。

●参加費 1,000円

●内容 ヌーソロジーに関する内容(詳細未定)

○主催 ヌーソロジー攻略研究会 Φ=WHY?
     連絡先:whyanywhere@gmail.com

※参加ご希望の方は、上記連絡先宛てに、428日(23時までに、ご自分の氏名と連絡先(できれば携帯メール)を書いて、メールで送って下さい。その際、配布資料の要・不要も明記して下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿